災害時には非常用電源として利用できる!

注文住宅には様々なタイプがありますが、近年、人気が集まっていると言われているタイプがソーラーハウスです。ソーラーハウスとは簡単に言うと太陽光発電システムを採用している住宅の事を指します。ソーラーハウスにはいくつかのメリットが挙げられますが、その一つと言えるのが災害時でも電力が使用できるという点です。災害時によるライフラインの停止は電力に対する依存度が高い生活をしている現代の私たちにとっては大きな問題と言えます。夏や冬の時期にエアコンが使えなくなると健康に影響を及ぼす可能性がある他、スマホが充電切れになった場合、充電できないため、助けを求める事もできなくなります。しかしソーラーハウスであれば、普段から蓄えてた電力を非常用電源として利用できます。

断熱効果がある他、地球環境の保護に貢献できる

断熱効果が期待できる点もソーラーハウス特有のメリットと言えるでしょう。夏の時期は強い太陽の光をソーラーパネルが吸収して電力に置き換えてくれます。また室内の快適な温度が保たれるため、夏や冬の季節でも快適に暮らせる事が可能です。またソーラーハウスで使用される電力は、太陽光を利用したクリーンエネルギーであるため、地球環境の保護に対する貢献度が高いのも魅力です。 一方ソーラーハウスを建てる際の注意点として挙げられるのが、初期費用の高さです。ソーラーパネルの費用は以前に比べて安くなっていますが、それでも決して安いとは言えません。ただ、エコという観点から自治体によっては補助金がでるケースもあるので、ソーラーハウスを検討している方は自治体のホームページなどをチェックしてみると良いでしょう。